<キャンベルテストとは・・・?>        

ウィリアム・E・キャンベルが提案する仔犬の性格判断テストのことです。

ウィリアム・E・キャンベル著書の「愛犬のトラブル解決法」にその詳細は掲載されています。

5項目のテストで、支配性、独立性、従属性などの性格判断をします。(以下、本より抜粋)

 

<テストに適した時期>

生後5〜7週目(12週目まで有効)

 

 

<試験方法>

他の子犬が見えず、その鳴き声も聞こえないところに、6,7メートル四方の場所を見つけます。

あなた以外に犬の気を散らすものがないところを探し、テストする子犬を連れてきます。
そして、下にある項目を順番に行い、一番近いと思われる記号(dd、d、s、ss、i)を選びます。  

 

テスト1.社会生活に対する興味

[方法]

子犬を場所の中央に置き、犬の真正面の方向に少し離れる。しゃがんで、手を鳴らすなどして犬の注意を引きます。  

 

[結果]

(dd) すぐ近寄って来る/尻尾が上がっている/飛び付き手を噛む 

(d)  すぐ近寄って来る/尻尾が上がっている/前足を出す

(s)  すぐ近寄って来る/尻尾が下がっている

(ss) ためらうが近寄って来る/尻尾が下がっている

 (i)    全然来ようとしない

 

テスト2人についてくる性質

[方法]

犬の周りを歩きまわり 犬がついて来るかどうかを見ます。  

 

[結果]

(dd) すぐついて来る/尻尾が上がっている/足を噛む 

(d)  すぐついて来る/尻尾が上がっている/足にまとわりつく

(s)  すぐついて来る/尻尾が下がっている

(ss) ためらうがついて来る/尻尾が下がっている

 (i)    全然ついて来ず、立ち去ってしまう

 

テスト3.束縛された時の支配性

[方法]

子犬をやさしく仰向けにして片手を胸にあて、親指と小指で両脇を押さえ、子犬が動けぬようにします(服従の姿勢)。痛くないようにして、30秒しっかりと押さえます。  

 

[結果]

(dd)猛烈に暴れ、足をバタバタさせる/噛む 

(d)  猛烈に暴れ、足をバタバタさせる

(s)  暴れる/その後静かになる

(ss) 静かにして手をなめる

 

テスト4.社会生活における支配性

[方法]

子犬を正面に座らせて、背中、首、肩をやさしく撫でてやります。  

 

[結果]

(dd) 飛び上がる/前足を出す/噛む/うなる   

(d)  飛び上がる/前足を出す

(s)  体をくねくねさせる/手をなめる

(ss) ひっくり返る/手をなめる

 (i)   何処かに行ってしまう

 

テスト5.持ち上げられた時の支配性

[方法]

指を広げて犬の胸の下に入れ、持ち上げます。
床から少し離した所で30秒、そのままでいます。  

 

[結果]

(dd) 猛烈に暴れる/噛む/うなる   

(d)  猛烈に暴れる

(s)  暴れる/その後静かになる/手をなめる

(ss) 静かにして手をなめる

 

<総合結果>

dd) が2つ以上あり、他にも(d) があったとしたら、この犬は子供や老人には向きませんし、取り扱いの難しい犬です。もし、それでも選んだのなら、ここに書いた各種の支配性のテストと同じことを毎日、犬がそれを受け入れるようになるまで繰り返してください。

3つ以上 (d) があり、1つ (dd) がついていれば、そうとう支配性の強い犬です。手荒な扱いをしてはいけません。やはり支配性のテストを毎日繰り返すのがよいでしょう。

3つ以上の (s) は、だいたい全ての家庭犬に適します。

2つ以上の (ss) は非常に従属的な犬なので、うんとほめて力づけてやる必要がありますし、やさしく扱わなければいけません。手荒く扱うとこのタイプの犬は駄目になってしまいます。